学校案内

沿革

1909(明治42)年 中堅技術者の養成を目的として、東京の中心である神田に「中央工学校」を開校。
建築・機械・電気の3科を設置。
1910(明治43)年 土木科・測量科を設置。日本初の測量教育の実施。
1918(大正7)年 女性工業技術者の養成を目的に、日本で初めての画期的な「女子製図科」を設置。
1953(昭和28)年 日本の国づくりをリードした田中角栄氏が第5代校長に就任。
1956(昭和31)年 東京・駒込に新校舎落成。
1960(昭和35)年 文部省認定通信教育部を開設。
1962(昭和37)年 東京都北区王子(現在地)に新校舎を竣工し、移転する。
1963(昭和38)年 通信教育学部を財団法人中央工学校通信教育会に組織変更。
1964(昭和39)年 中央工学校を学校法人中央工学校に組織変更。
1980(昭和55)年 各種学校大阪中央工学校開校。
1984(昭和59)年 中央工学校創立75周年事業として、「三五荘」を備えた学生のための軽井沢合宿研修所を建設。
1986(昭和61)年 大阪中央工学校が専修学校に移行し中央実務専門学校と改称。
1988(昭和63)年 豊中市寺内に中央実務専門学校の新校舎を建設し、移転。
1993(平成5)年 東京都北区にアクト情報ビジネス専門学校を開設。
1994(平成6)年 中央工学校創立85周年記念館「STEP」完成。
1995(平成7)年 中央実務専門学校に関西では初めての3年課程の建築工学科を設置。
1996(平成8)年 中央実務専門学校創立15周年。
1999(平成11)年 中央工学校創立90周年事業として軽井沢研修施設内に日本初の千利休の幻の茶室を復元。
2003(平成15)年 中央動物専門学校を開設。
2006(平成18)年 中央実務専門学校創立25周年。
中央実務専門学校を中央工学校OSAKAと改称。
2007(平成19)年 「三五荘」が国登録有形文化財に登録される。
2009(平成21)年 中央工学校創立100周年記念式典挙行。創立100周年記念館「RISE」完成。
2010(平成22)年 中央工学校OSAKAに日本語科を設置。
2011(平成23)年 中央工学校OSAKA創立30周年。
2014(平成26)年 中央工学校OSAKA 建築学科・インテリアデザイン科・建築CGデザイン科・建築学科(夜間部)が職業実践専門課程として文部科学大臣に認定。
2015(平成27)年 中央工学校OSAKA 住宅デザイン科が職業実践専門課程として文部科学大臣に認定。
2016(平成28)年 中央工学校OSAKA 創立35周年。日本語科の定員を100名から150名に増員。
PAGETOP