受験対策講座

ホーム > 受験対策講座 > 

二級建築士

より個性的な住空間の演出者として根強い人気。
二級建築士受験対策講座について

今、求められる技術とデザイン力

グローバル化、多様化の時代を迎え、建築・建設業界にもさらに高度な技術や配慮が要求されるようになりました。たとえば、高齢化社会やライフスタイルの変化への対応、品質や環境問題、さらに安全性等その範囲は多岐におよびます。一方、年々高まる増改築やリフォームのニーズとともに、オリジナリティあふれる住宅デザインも注目を集めています。こうした中で、住まいづくりの専門家として、建築士の幅広い知識や技術力はもちろんのこと、アーティストとしてのデザイン力や総合的なプロデュース力が求められる局面も増えつつあります。暮らしに欠かすことのできない住環境を創造する担い手として、建築士の果たすべき役割はますます高まっていくに違いありません。

信頼の国家資格にチャレンジ

二級建築士になるためには、国家試験である二級建築士試験に合格し、都道府県知事の免許を受けなければなりません。試験は、1次試験の「学科の試験」と2次試験の「設計製図の試験」の2段階。1次試験では工業高校建築科卒業程度の知識が要求され、2次試験では課題に対する正しい理解や製図に対する技能が要求されます。また、2次試験は1次試験の合格者のみ受験することができます。一方、受験資格は、建築に関する学歴とそれに対する定められた実務経験年数があれば受験することができますが、建築系の学校を卒業していなくても、建築に関する実務経験が7年以上あれば学歴に関係なく受験することができるので、実務経験を重ねることで一般に広く門戸が開かれていると言えるでしょう。

住環境を総合プロデュース

二級建築士が設計・監理できる建物の範囲は、延べ面積30㎡~300㎡までの鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造の建築物ですが、基本的に一級・二級・木造建築士とも、業務内容は同じです。主な業務として、建築主の要望にもとづいて基本設計や実施設計を行う「設計」業務。建築主に代わって建築の確認申請を行う「代行」業務。建築主と施工会社との間で工事契約が結ばれると、建築士は設計者の立場から工事内容を「監理」し、工程や工事内容の検討、助言、指示等「指導監督」を行います。そして、竣工時の検査・確認と完成した建物の引渡しの際にも立ち会います。いずれにしても、建築士は建築主の代理人として公正な立場に立ち、施工会社と順調に工事を進めるのが義務であり、業務でもあると言えるでしょう。

ジャンルを超えて使える資格

最近の調査によると、二級建築士の資格取得者のうち建設業界で働く人の割合が最も高くなっています。一方、市町村の役所の建築指導課で、審査や監査等の業務に従事したり、工業高校や大学、専門学校の教官等の指導的な立場で活躍する建築士も少なくありません。もちろん、住宅メーカーや設備機器の分野では、商品開発に専門知識のある建築士の存在は欠かせません。さらに、建築とは無縁に見える大手企業やデパート、フード業界等でも、自社の施設や店舗等の設計・施工管理を専門に行う建築士が増えています。つまり、建築士は就職や転職にジャンルを越えて活躍の場が望める有望な資格なのです。

建築士もITの時代へ

これまで建築士は、「紙と鉛筆があればできる職業」と言われてきましたが、最近では、作図効果や図面管理に優れたCADを積極的に活用する建築士が増えてきました。また、CGは、図面では表せない外観や内観のカラースキーム、景観のチェックに利用したり、クライアントに対するプレゼンテーションツールとして効果を発揮します。こうしたパソコンやインターネットを活用したビジネススタイルは、建築の世界にも急速な広がりを見せています。図面というクリエイティブな世界をより一層高めるツールとして、また、コミュニケーションツールとしてITの利用は今後欠かせないものとなるでしょう。

幅広いフィールドに活躍の舞台

二級建築士の職域を一言で表せば、「設計から工事監理まで身近な住まい等の建築物に係わるプロフェッショナル」。一級に比べて二級建築士は、扱える建築物に制限がありますが、一級を目指す人がそのステップとして資格を取得する場合も多く見られます。また、最近は、インテリアコーディネーターとして活躍している人々がキャリアアップを目指して積極的にチャレンジするケースも急増しています。生活者のニーズが多様化した現在、リフォーム業界はもとより、住宅設備・建材メーカー、家具ショップ等からも、より質の高い住空間の設計が求められ、建築士の活躍の場はさまざまな業界・分野に広がっています。

閉じる

過去の出題傾向を徹底分析!

学科対策コース

本校の卒業生については、提携特別講座があります。

詳しくはこちら!

設計製図集中対策コース

時間内に図面を完成させるテクニックや、要求される図面の的確な表現方法等を短時間で習得。
設計製図のエキスパートが合格図面の描き方を徹底指導しますので、どんな課題にも対応できる力が身につきます。

閉じる

設計製図対策コース日程表
回数 開講日 曜日 教科内容 受講時間
1 7月9日 配置図・平面図 配置図・平面図の書き方 【午前】
9:30~12:30
【午後】
13:30~16:30
2 7月16日 断面図・立面図 断面図・立面図の書き方
3 7月17日 祝・月 矩計図・伏図 矩計図・伏図の書き方
4 7月23日 設計演習① 設計製図のポイント・演習①
5 7月30日 設計演習② 演習②
6 8月6日 設計演習③ 演習③
7 8月11日 祝・金 設計演習④ 演習④
8 8月20日 設計演習⑤ 演習⑤
9 8月27日 設計演習⑥ 模擬試験①
10 9月3日 設計演習⑦ 模擬試験②

(予定)

閉じる

受講料一覧
  講座・コース名 受講料 備 考
ニ級建築士 設計製図
集中対策
110,000円 -

※本校卒業生は特別価格で受講できます。

閉じる

お申し込み方法

1. 受講料を添えて本校教務室窓口で直接手続きをする

アクセス方法 こちらから学校への地図をご覧いただけます。

2. 現金書留に受講料と申込書を同封して郵送する

郵送先住所 〒561-0872 大阪府豊中市寺内一丁目1-43
TEL:06-6864-6500

3. 銀行振込を希望される場合は、下記口座あてに振込をし、申込書を上記へ郵送する

振込先 池田泉州銀行緑地公園支店 (普)2309615 中央工学校OSAKA

閉じる

講座資料請求・受講相談は随時受け付けております。詳しくは本校生涯学習窓口へご相談ください。
TEL:06-6864-6500

※各講座は、定員になり次第、締め切りますので、お早めに手続きをされますようお勧めします。 なお、受講生の都合による受講料の払い戻しには、その理由を問わず一切応じられませんので、あらかじめご了承ください。