留学生の方へ
オープンキャンパス・学校説明会開催中!

ホーム > 

留学生の方へ

本校が、留学生に「できること」&留学生が持つ「強み」
優遇制度 ※募集要項もよく読んでください。

1.入学金免除について

(1) 入学金全額免除:学費を一括納入した場合、110,000円を免除します。
(2) 入学金半額免除:学費を分割納入した場合、55,000円を免除します。

2.入学手続き(学費納入)について

推薦入学で出願した者は、合格通知受理後3月9日(木)まで入学手続き(学費納入)を延期できます。

3.選考料の免除について

推薦入学で出願した者は、選考料(15,000円)を免除します。

4.特待生制度について

入学予定者のうち、優秀な者に対し特待生制度を設けています。
(1) 対象人数:入学予定者(手続き完了者)の5%、10名以内
(2) 選考方法:筆記試験、書類審査、面接
(3) 応募期間:2017年2月上旬~3月28日(水)
(4) 選考日時:2017年4月1日(土)予定
(5) 給付額:一律100,000円を給付

5.給付型奨学金(返済義務無し)の推薦について

(1) 文部科学省「私費外国人留学生学習奨励費」:毎月48,000円、12か月の給付適用の対象となります。中央工学校OSAKAの推薦が必要。
(2) 一般財団法人「共立国際交流奨学財団奨学金」:毎月100,000円、24か月の給付適用の対象となります。中央工学校OSAKAの推薦が必要。
(3) ㈱共立メンテナンス奨学基金:毎月60,000円、12か月の給付適用の対象となります。中央工学校OSAKAの推薦が必要。

Close

支援(サポート)できる内容

1.留学生担当者が学生に変わって取次申請を行います。学生は授業に集中できます。

(1) 在留期間更新申請
(2) 資格外活動許可申請:アルバイトをする学生は必ず法務省の許可を得る必要があります。

2.授業の支援・言葉の壁が心配な学生への対応

(1) 授業はすべて日本語ですが教員達は、日本人学生も留学生も同様、わかりやすく丁寧な授業で、理解の確認をしながら進めてくれます。

個別指導の様子

個別指導の様子

課題に取組む様子1

課題に取組む様子1

授業の様子

授業の様子

課題に取組む様子2

課題に取組む様子2

(2) 授業のカリキュラムの中に充実した資格試験対策を組み込んでいます。少人数制で講師と学生が一体となって資格取得に取り組んでいきます。 卒業生の中には、6つ以上の資格をとって卒業・就職していく学生もいます。学生を採用する企業は、そんな学生のヤル気を重視します。だから本校は、高い就職率を誇れるのです。
(3) ビジネスに特化した日本語学習

日本国内および海外日系企業への就職と企業活動へのソフトランディングを実現するための基礎的な能力を育成し、実際の場面を想定した実践的な練習を行います。BJT(ビジネス日本語能力テスト)の480点以上を目指します。文法・語彙、短文読解、長文読解のジャンルについても、ビジネス日本語の中で、多く触れていきます。
これらのサポートは、前期の月・水・金の放課後(16:50~17:30)、  後期の月・水の放課後に無料で行います。

3.就職をサポート

就職指導室では、個別カウンセリングや全国規模の企業ネットワークなどを駆使して、プロを目指す学生を全力でバックアップしています。

Close

留学生の強み

「国内の建設業界の海外展開は、これからの日本の成長戦略の一環です。」(2012年7月国土交通省発表の「日本再生戦略」)
日本国内では近い将来海外進出に力を注いでいる企業は少なくありません。また、2020年のオリンピックを境に、日本企業では留学生の活用を増加しようと取り組んでいます。そして、世界でも高く評価されている日本の高い技術と品質(信用・信頼・誠実)を本校で身につけることで、日本企業で活躍できる機会が巡ってきます。
現に、中国、ベトナム、インドネシア、タイ等では、多くの建設工事を日本の企業が受注し、施工を通して現地で技術者として働いている人も多いです。技術だけでなくマネジメントまで身につけることで将来その能力・技術を母国で発揮することも夢ではありません。

Close

留学生募集要項

留学生募集要項の詳細はこちらをクリック!

留学生の声
柯 正雄

台湾台湾

建築学科

柯 正雄

関西外語専門学校 出身

言葉の違いで大変な思いもしましたが、ドラマを見たりして日本語を勉強しました。日本の建築を学びながら資格を取得して、将来は台湾と日本の両方に事務所を持ちたいです。

江 予洛

台湾台湾

インテリアデザイン科

江 予洛

関西外語専門学校 出身

日本でインテリアデザインを勉強して、将来は日本で就職し、インテリア関係の仕事に就きたいです。先生方の親切・丁寧な指導のおかげで頑張れそうです。そして、“楽しい人生”にしたいです。

TRAN ANH DAT VIEN

ベトナムベトナム

建築学科

TRAN ANH DAT VIEN

関西国際学院 出身

日本の建築を勉強しようと日本に留学しました。まずは言葉の問題で辛かったりさみしかったり大変でした。でも中央工学校OSAKA に入学して建築のことを基礎から学べ、知識や技術を修得でき、今後も日本語をしっかり勉強して将来は日本の会社で働きたいです。

陳 韋頻

台湾台湾

住宅デザイン科

陳 韋頻

神戸電子専門学校 出身

中央工学校OSAKA は留学生に対して日本人の学生と同じように接してくれ、安心して学べる最適な環境だと思います。建築士を目指して、製図や設計のスキルをしっかり身につけようと思っています。

賴 佩琪

台湾台湾

インテリアデザイン科

賴 佩琪

関西外語専門学校 出身

最初は言葉や意味がわからないことがたくさんありましたが、クラスメイトや先生たちはとても親切に教えてくれました。日本で勉強した技術を台湾で活かすためにも、経験を積んで知識や技術を身につけたいです。

Close