建築学科
オープンキャンパス・学校説明会開催中!

ホーム > 学科ガイド > 建築学科 > 

建築設計コース/施工管理コース/建築設備コース

建築設計コース
BIMで施主の想いをカタチにする。創造力ある建築家を目指す。
第一線で活躍する講師陣により、設計へのアプローチの仕方や空間の捉え方を学びます。
また、インターンシップやフィールドワークを通じてさまざまな建築にも触れながら、建築家に必要なスキルや感性を磨きます。
主なカリキュラム
建築設計演習

後期からの卒業制作に取り組むにあたり、建築設計へのアプローチの仕方や空間の捉え方、データ収集の方法などを学習します。

環境デザイン演習

環境と調和した外部空間やデザインについて、講義・実習および見学をとおして理解します。また、庭園やビオトープについても学びます。

空間デザイン演習

プライベート空間からパブリック空間の計画までを行い、内部空間計画の構築手法を理解します。

デジタルプレゼンテーション演習 Ⅱ

建築物の設計をさまざまな角度から考え、CGやその他のプレゼン用ソフトを駆使し、クライアントへ考えを伝える技術を習得します。

建築設計image
施工管理コース
建築プロジェクトを完成へと導く、有能な現場監督を目指す。
建築物の仕組みや工事の流れを学び、作業の先を見通す能力を養います。また、施工図や施工計画図から各部の納まりなどを理解し、スタッフに的確な指示を出す技術を修得します。
主なカリキュラム
施工図演習

実際の鉄筋コンクリート造の建築物の設計図面をもとに、躯体図などの施工図を描くことで、意匠図・構造図を総合的に読み取る力を養います。

施工実習

施工現場におけるさまざまな工事や、検査などを実際に体験することにより、卒業後即戦力となりうる技術・能力を養います。

施工計画演習

施工現場での工事を、安全かつ所定工期内に完成させるために必要な施工計画(総合仮設計画図や足場計画図など)を学びます。

卒業制作

学んだ知識を活かし、コンクリート躯体図や平面詳細図などの作図方法を修得。また、設計図をもとに、施工図を作成し、建築物の納まりなどを学習します。

施工管理image
建築設備コース
建築設備全般の設計、施工をトータルに行うエンジニアを目指す。
建築物の電気・空調・衛生設備を設計から施行までトータルに学びます。設備機器の設置について的確に判断し、設備図を作成する能力を修得。さらに、現場やショールームの見学などをとおして、視野の広い建築設備エンジニアを目指します。
主なカリキュラム
給排水衛生設備演習

給水・排水・給湯設備やスプリンクラーなどの消火設備の設計を学び、設備機器の大きさや配管の太さを検討し、給排水衛生設備図面の描き方を修得します。

空気調和設備演習

冷暖房・換気設備などの設計に必要な知識を学び、設備機器の大きさやダクト・配管のサイズを検討し、空気調和設備図面の描き方を修得します。

電気設備演習 Ⅰ/Ⅱ

照明やコンセントなど電気設備の基本知識を学び、電気設備計画や照度計算などを行います。また、第二種電気工事士の資格取得に必要な知識も修得します。

卒業制作

空調・衛生設備演習で学んだ知識をもとに、各自がそれぞれの建築物の設備計画を行い、負荷計算などを考慮し、建築設備図面を作成する力を養います。

建築設備image