住宅デザイン科
オープンキャンパス・学校説明会開催中!

ホーム > 学科ガイド > 住宅デザイン科 > 

住宅設計コース/リフォームコース

住宅設計コース
住む人の夢をカタチにし、豊かな未来を築く力を養う。
住宅設計技法だけでなく、住む人にとって心地よい住空間をデザインするためにエクステリアからインテリアまで幅広いデザイン力を養います。また、環境に配慮した住宅やリノベーションなどの知識も学び、次世代の住宅を提案できるプロを目指します。
主なカリキュラム
エクステリアデザイン演習

住宅設計にとって庭の計画は大変重要です。人と自然が調和するデザインを追及し、さらにビオトープの計画についても学習します。

伝統建築研究

伝統木造建築について、その歴史から材料、工法まで幅広く学び、古民家の改修や現代の住宅に応用できる先人の知恵などについて理解を深めます。

卒業制作

集大成として、自分の「住まい」に対する考えや提案を設計作品にまとめます。テーマ構想から図面作成、プレゼンテーションまで総合的に設計能力を高めます。

住宅設計image
リフォームコース
建築・福祉を深く学び、住空間を創造するプロを目指す。
高齢者やハンディキャップを持つ人々にも配慮した住空間を創造するために、建築だけでなく福祉や医療についても深く学びます。バリアフリーやユニバーサルデザインを生み出す技法だけでなく、リフォームビジネスの全体像を理解できるプロを育てます。
主なカリキュラム
福祉住環境リフォーム演習

高齢者やハンディキャップを持つ人の在宅生活支援のための住宅改修について、実例をとおして福祉住環境整備の実践方法を学びます。また、医療や福祉分野との連携についても理解を深めます。

古民家再生研究

古民家再生事例の学習を通じて、日本に残る古民家の魅力を学ぶだけでなく、その再生に必要な考え方や、現代の技術(省エネ、耐震等)、課題についての理解も深めます。

卒業制作

古くなった住宅機器の更新だけでなく、そこに住む人がより快適で豊かな生活を送れるようなリフォームを提案し、デザインできる能力を養います。

リフォームimage